ノンファットタイムの成分は何が含まれてるの?

ノンファットタイム 成分

 

ノンファットタイムの成分にはどのようなものが含まれてるのでしょうか。

 

 

飲むだけで痩せたという喜びの声がたくさん上がっていますが、
内容成分をよく知ることで、痩せるためのイメージができると思います。

 

 

飲むときに『こんな成分が入っているんだ!』と思いながら飲むと、
楽しいですし、プラシーボ効果なども働きやすくなります。

 

 

それでは、ノンファットタイムの素晴らしい成分をご紹介します!

 

 

ノンファットタイムにはこんな成分が!

ヒハツ

ヒハツ

ヒハツはコショウ科の植物で主に薬味としており、
沖縄などでは郷土料理に使われています。

 

コショウのような辛みがあり、独特な甘みもあります。

 

血圧を正常に戻す作用があり、普段高血圧ぎみの人は継続して飲むと効果的です。
また、毛細血管を広げて血液を促進させるため、冷え性を緩和する効果も持ち合わせています。

 

食品として大量に摂取するのが難しいため、
サプリとして飲むのにうってつけです。

 

イノシトール

イノシトール

イノシトールには神経細胞を作るのに必要な成分が含まれており、身体にはかかせない成分の一つです。
神経機能を正常にさせるので、頭皮のトラブルや自律神経失調症を予防します。

 

また、脂肪肝を予防する効果があります。
肝臓に余分な脂肪がついてしまうと肝臓の機能が低下し、様々な悪影響を及ぼす危険があります。
その余計な脂肪を、イノシトールは流しとることができます。
この脂肪をを流す効果は血管内でも働きます。

 

なので血管内の掃除がされ動脈硬化を予防し、
更には血液促進にもつながるのです。

 

カプサイシン

カプサイシン

カプサイシンはトウガラシに含まれている辛みの成分のことです。
辛い食べ物というと、食欲が湧いてたくさん食べてしまうので肥満のイメージがありますが、ノンファットタイムはサプリです。

 

カプサイシンの脂肪を溶かす作用だけを利用し、
脂肪燃焼、血行促進、冷え性改善と、ダイエットに効果的な作用を発揮します。

 

スピルリナ

スピルリナ

スピルリナは原始時代から存在する藻の一種です。
そのころから食用としても用いられており、その栄養素は50種類以上にも及びます。

 

理想的なバランス食で、『スーパーフード』とも呼ばれており健康にはかかせない成分です。

 

 

 

ノンファットタイムで理想的なダイエットをしよう!

 

ノンファットタイムには様々な成分が含まれていることがわかりました。

 

普通に食生活を送っているとなかなか取り入れられない成分でも、サプリにすることで非常に効率的に体内へ栄養素を送ることができます。

 

ダイエット目的だけでなく、健康面でも優れているのがノンファットタイムなので、まだ飲んだことのない方は一度でいいので試してみることをオススメします!